若い時と違って年をとると簡単に太り、そして痩せられない

以前会社に勤めていた時にはかなり太っていました。通勤ではかなりの距離を徒歩で移動し、食事の量もあまり多くなかったのに体重が60kgオーバー、身長が150cm前半なのでかなりの肥満ということになります。
食事の量は少ないものの、ストレスから仕事の後にお菓子をドカ食いすることはあり、それは一つの原因だったのかもしれません。

そんな私が仕事を辞めた途端、一気に痩せたのです。15kgほど減ったと思います。
とても嬉しかったです。ストレスから解放された上に大したダイエットもせずほっそりできたなんて今までにないことでした。

でもそんな夢のようなことはそう長くは続きませんでした。最初こそストレスの解消からかどんどん痩せましたが、ストレスがほぼ解消されたタイミングでまた太り始めたのです。
さすがに60kgには達していませんが、一旦落ちたお腹の肉がまた指でつまめるようになってしまったのです。

考えられるのは代謝の低下です。年齢を重ねるとどうしても燃焼しづらい体になるというのはよく聞きます。私も例外ではないようです。
会社を辞めた直後は私もそれなりに若く、心身ともに健康な状態であれば代謝が活発でしたが、40代に差し掛かるとだんだんと代謝が鈍り、痩せにくく太る体質になったようです。冷え性気味にもなりました。

もう一つ考えられるのが運動不足です。私は運動が嫌いで、これまでもダイエットに運動を取り入れたことはありませんでしたし、会社員時代にあれだけ歩いて大して痩せなかったのだから運動は痩せるのにそれほど効率的ではないと考えていたのです。

でも年をとってから筋肉がついてない状態だと体力全体が落ちるし、もちろん痩せる体とは言えません。筋肉の無い体ではいくらストレスがないからと言って黙ってても痩せるということはないんだと実感しました。

何とか筋肉をつけようと、運動嫌いの私でもできる簡単な筋トレを取り入れてみてはいるのですが、元々運動を習慣にしていないときついと感じます。ちょいちょいやることを忘れ、なかなか成果が現れない状態です。

食べるものにも気をつかい、甘いものはなるべく食べないようにと心がけていますが、1回に食べるお菓子の量が少なくてもそれを何回も食べているということが時々あり、まだまだ改善の余地があると感じています。

若いうちは特に苦労をしなくても痩せる時は痩せるという感じでしたが、年をとると胃腸が弱いということでもない限り油断をすれば太り、相当に努力しなければ痩せないということがわかりました。
成人病も怖いので、何とか筋トレと食事の改善は続けたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です