油断大敵の肥満生活は太る危険性が大きいので注意

いつも身体を引き締めなきゃならないと思っている自分にとって、お酒と濃厚な料理は大敵だと思います。
ダイエットだけでなく、筋トレで身体を絞ることをいつも考えているのですが、ちょっとした気の緩みから、かなり太ってしまうからです。
普段の生活では、自宅で筋トレを行い、休みの日はウォーキングをしている習慣作っているのですが、せっかく汗を流して減らした3kgの体重が、たった1回の居酒屋の寄り道で、すぐに帳消しになってしまいます。
元々、太りやすい体質なのかもしれません。
だからこそ、普段の生活では夜にできるだけ炭水化物取らないのように気を付けていますし、仕事が終わると、平日でもできるだけ歩く機会を作ろうとしています。
そのおかげで、1週間で体重が3kg減るのです。
でも、会社の帰り道、同僚から””悪魔の囁き””があるのです。
「今日は週末だから、ちょっと1杯だけ行かない?」
そう、職場御用達の人気の格安居酒屋でストレス発散するのです。
この居酒屋は、ビールジョッキも1杯150円。
料理もひと皿300円。
1人2,000円もあれば、十分に食べることができるのです。
そんなリーズナブルな居酒屋なので、職場の同僚や上司、後輩にも人気があり、常に満杯のお店なのです。
そんな頼みやすいメニューで、好きな物ばかりなので、つい脂っこいメニューを頼んでしまいます。
そうなると、食べる量もかなり増えているのです。
その結果、ベルトの穴が2つもズラさなければならないのです。
この時は、自分の体重がどのくらい重たくなったか、体感的に分かってしまうので恐ろしいのです。
こんなことを繰り返している数年間で、体重は±0㎏をキープしているのでした。
太っては身体を動かし絞り、体重を戻すのですが、それでもベストな体重までには届かないのです。
そう考えると、やはり夜のアルコールと外食がどれ程、良くないものかが分かるのです。
それでも、濃厚な味を好んでしまう自分なので、外食をすることは、できるだけ避けようと考えています。
お酒と居酒屋の誘惑に負けても、お店で頼むメニューか低カロリー、低脂肪盧食材であれば、こんな悩みも一気に解決しているはずなのですが、それができないのは、自分の弱さでもあるのです。
平日でも、できるだけ歩く機会を作り、脂肪を落とすことに専念しなければと思うのです。
どんなにダイエットを頑張っていたとしても、ちょっとした油断から、せっかく減らした体重が戻ってしまうことを考えると、お酒と居酒屋の回数は絶対に減らすべきです。

甘くみてはいけない断乳後の生活で太る

30代に入り、ちょっと頑張った位では痩せなくなっているのに気付いていましたが、なかなか痩せれずに毎日過ごしていた所に妊娠が発覚して、ダイエットどころではなくなっていました。もちろん、妊娠中は順調に体重は増えていき、産後にせめて出産前位の体重に戻れます様に…と、願っていました。
出産をして、夜中の授乳や慣れない育児で面白いくらいに痩せていきました。授乳中は、とてもお腹がすきものすごい量を食べていました。食事の時は、白ご飯をおかわりは当たり前で、間食もお菓子を一袋など普通に食べていました。それでも、授乳中は全く太らず、それどころか、私大丈夫かなぁと不安になるほど、痩せていきました。今、思うと、お菓子などめちゃくちゃ食べて、子供にとっては、美味しくない母乳が出ていたのかも。と反省しています。それでも、一応は、母乳がまずくならない様にセーブはしていたつもりです。
それから、子供が1歳半の時に断乳を決意しました。その時に、自分自身も周りから「子供が母乳を飲まなくなったら太るから、気を付けた方がいいよ。」と忠告して貰っていたのに、まさかそんなには太らないでしょ〜!と、甘く考えてしまっていた自分がいました。
子供が母乳を飲まなくなり、それでも食欲は普通に衰えず、私は欲に任せて食べてしまいました。私の旦那さんもたくさん食べる方なので、なぜか私もいっぱい食べたいという気持ちになって、旦那さんに負けないように食べてしまう…
そして、子供がお昼寝をしている時は、たまっていたドラマを観ながら、お菓子を食べる…と言った生活を続けてしまっていました。そんな生活をを続けても、なかなか太ったという実感がなく、危機感がまったくありませんでした。
そんな時に、出産前に勤めていた職場の同僚と会う事になり、久しぶりに会うと、「どうしたの?」と言われてしまいました。私自身、そこまではないでしょうと思っていましたが、ある時に写真に写った自分の体をみて、とても悲しい気持ちになりました。おばさんまっしぐらじゃん…と思いました。確かに、体重は割とこまめに測っていましたので、産後元に戻ったと感じてから、10キロ近くの増だったので、こんな風に人間って変化するんだ…と切実に思いました。おかしな話、正直言って10キロ増えたけどそんなには変わらないでしょうと甘く考えていましたが、だいぶん大きくなってしまった体にガッカリする毎日です。
すでにアラフォー、ますます痩せにくくなっていると思うけど、まだまだダイエット諦めません。